やけに遵法精神がないなと思ったら…この手の企業だった

公開日: 

中国人技能実習生の受け入れが5年ほど続いた溶接企業。
最初の3年間は問題がほとんどなかったらしく、4年目に入ってから私にバトンタッチされました。もうこの企業はうちの組合から退会されて2年が過ぎました。

私にお鉢が回って来た時は…「本当に問題ないのかよ?」と疑心暗鬼でした。私の疑心暗鬼は大概当たります。私にバトンタッチを匂わせた時点で、問題点が隠されておりました。相手はファミリー零細企業。

  • 飛ばし(受入企業が雇用条件書に書いた実習場所以外で実習を行う)
  • 溶接の特別教育未実施

 

在日系企業に翻弄される

この二点は私が担当してからすぐに明らかになりました。通訳の中国人はこういう時に限って通訳に特化しており、問題点を指摘することはありません。この遵法精神の薄さ。メイン担当者も逃げ腰でお客さんの顔色をうかがうのみ。企業も企業ですが、一番行けないのは我々組合なんですよね。

微力ながら少しでも正したい。
この制度は色々と批判を受けているけれども、制度そのもの自体はうまく運用すれば国際貢献にもつながります。

不良企業をただし、組合内部の腐った膿出し尽くしたいと…問題点を改善するよう、超ビビりながら日々戦っています。閲覧者の少ないブログですが、少しでも実習生受け入れの実態を知っていただき、悪い部分良い部分、余すところなく伝えていきたいと思っています。

 

改まらない不正行為

さて、話がそれました。

私が担当してからも、労災隠し、サービス残業がすぐに発覚。口頭でも注意し、組合としてもすぐに文書で改善書を出しました。警告をしてからも、飛ばしがあったので、入管へ報告してしまいました。
実習生からも残業時間と賃金の計算が合わないと言われそのたびに企業に計算し直させ、いくらか戻ってきましたが…まあ、ルールを破りまくりです。

 

中国人蔑視が凄まじい

私も中国や中国人に関しては…まあ、一物がないとは言えませんが、この企業に関しては実習生を奴隷扱い。3日交代で昼勤、夜勤。これじゃあ体を壊します。ちょっとでも部品に傷を付けただけで弁償しろと凄む。

他の従業員に対しても部品代などを請求していると言っていましたが…工場長以下の日本人職員に聞くと、1回言われたことはあるけど払ったことはない。

で、実習生の場合は給与から天引きされていました。とんでもないです。

 

韓国・北朝鮮大好き

好きなのはかまわないんですけどね…。ある日、この企業があまりにも法令を守らないので、

「守らないのであれば、飛ばし以外のことも入管に報告しますし、新規での受け入れはできない」

と、伝えたら、

うちみたいな零細企業には入れられないのか?小さいところはみんなやっていることだろう!

と逆切れ!

ここまではよくあることなのですが、

「うちが在日系の企業だからか?」

と、凄まれた時は驚きました。

え・・・?この展開?

ちょっと…自分にとっては免疫が無さ過ぎです。

ここからちょっとトーンを下げて、世間話モードへ。
以前、韓国料理屋で実習生を含めた忘年会に参加した時、社長の息子である副社長が韓国人の店長と韓国語で話していたので、

「すごいですね!韓国語ができるんですね」

と言ったら、両親は朝鮮人部落で育ったのでと言っておりました。別に差別しているつもりはないのに、在日だからって…と言われましても、どうにもコメントのしようがありません。

 

受入れに関わる費用を払ってくれない受入企業

他の企業ですが、在日韓国人が社長を務めていて、ここも管理費、監理費未払いなどの問題がありました。実習生の体調不良、有給休暇を一日使っただけで難癖を付けてきて、監理費の値下げを要求する。講習費用、渡航費を負担したくないとゴネ始める。ゴネる前に未払いの監理費を払えと。

この企業との取引も随分前になくなりました。中国の派遣機関からも愛想を尽かされて、もうこの企業には実習生を派遣していないとのことでした。話半分で聴いていましたが、実習生を受け入れるにあたってマージンをごっそり持って行かれ、実習生本人の問題を派遣機関に押し付けて、過剰な接待、金品を要求したとのこと。

中国側が言っていたので、話半分でしたが、あの社長ならやりかねないので、やっぱり90%くらいは信じることにしています。

う~ん…。やっぱり零細企業でこの手の社長の場合受け入れは辞めたほうがいいですね。在日系でも企業規模が大きく、コンプライアンスの意識があればいいのですけど。上記2者は遵法精神ゼロ。受け入れご法度企業です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑