水産加工場でベトナム人技能実習生VS中国人技能実習生!女の爪は武器

公開日: 

 

まあたやらかしました。ベトナム人技能実習生トラブル!中国人技能実習生の方がトラブルを起こしやすいからベトナム人に変更した企業さんはたくさんあるかと思います。

しかしですね。ベトナム人も数が増えてきたら同じようなものです。むしろ、団結心が強く、同郷意識が強いベトナム人は集団で悪事を隠蔽したり、失踪後も他の実習生と連絡を密に取り合うので、中国人技能実習生よりも扱いが難しいと思います。

今回トラブルを起こしたのは女性です。
うちの組合を通じて中国人技能実習生とベトナム人技能実習生を受入れてくれた企業さん。長い間中国人技能実習生を受入れていたのですが、

「チャイナリスクがどーたら」

と、一端の評論家が口にしそうなフレーズを盾にしてベトナム人技能実習生へと変更しました。チャイナリスクの意味がわからずに使っていましたけど…。

確かに、数年前まで5人のうち1人はちょっと性格に難のある子がいたこともありましたが、大きなトラブルもありませんでした。しかし、お客さんの依頼ですからベトナム人技能実習生の受入れを開始。これが2年前です。

技能実習生2号の2年目の中国人技能実習生は大先輩です。
彼女たちはとても日本語が上手ですし、勤務態度も非常に良好。同じ職場の日本人男性と仲がよく結婚が囁かれているほどです。

が、先日、その中国人技能実習生(仮名Wさん)がベトナム人技能実習生6名に袋叩きに合いました。

たまたま日本人職員が不在になり、言葉の問題もあるためWさんに仕事を任せ、ベトナム人技能実習生たちに対しても「Wさんの指示に従うように」と指示して行きました。Wさんは仕事の段取りを指示し、その日のやるべきことをベトナム人技能実習生たちに伝えましたが、彼女たちは手を抜き始め、いつもよりも作業スピードが格段に落ちていたそうです。

Wさんは任された責任感もあり、ベトナム人技能実習生たちにきちんと仕事をするように指導したそうです。彼女たちの日本語のレベルは低いけれど、強い口調で言われたため激昂。5人がかりで彼女に食って掛かり、挙げ句の果てには取っ組み合いになりました。

現場の方が様子を見に来たらWさんの頬や首筋にいくつもひっかかれた跡があったため、企業は当然Wさんの味方です。普段の勤務態度を見てもWさんに味方するのは当然。

中国人技能実習生の十中八九は、残業、夜勤を拒みませんが、ベトナム人技能実習生はやる気がイマイチだったり、わけの分からない理由で急に休みを取ったりすることが多かったため、従業員たちはみんなWさんの味方。
職場でのトラブルのため、ベトナム人技能実習生6名は全員帰国処分となりました…。

企業内では再び中国人技能実習生に戻そうという意見が多くでております。でも、来月は、ベトナムで時期採用者の選抜試験を控えております。う~ん段取りは整えたに…。この分だと中国になりそうです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑