零細建設企業から脅されて賠償金を支払わされる

ベトナム人の失踪…懲り懲りです。
それと、低モラルな輩的経営者もうんざりです。

R社。中国人技能実習生の失踪が相次ぎ、ベトナム人技能実習生へと変更をしましたが、失踪はなくなりません。

「ベトナム人だったら中国人が嫌がる低賃金でもやってくれるだろう。逃げないだろう」

という思惑で受け入れを決定した社長ですが、予想を遥かに超え、配属3ヶ月で失踪者2名を出しております。巡回、失踪した際のお詫び行脚では必ず怒号が飛び交います。

 「ふざけるなよっ!大金支払ってベトナムくんだりまで行って採用してよ。3ヶ月でドロン。面接の時は『三年間頑張ります。失踪しません』って言っといてどういうことだこりゃあ?!賠償もんだぞっ!」

理由は書くまでもないでしょう。

  • 早朝に出発して現場まで2,3時間の移動。
  • 暗くなるまで働いて、帰宅するのは夜の10時過ぎ。
  • 翌日も朝方に起床。移動時間は賃金に含まれず、拘束時間は長い、結果的に賃金が安くなる。
  • 日本人従業員から怒鳴られる、ひどいときにはど突かれる。

酷い有様です。国籍云々よりもこんなひどい職場なら、イチかバチかで失踪する気持ちもわかります。

この企業に受け入れるのはやめようと自分の上司に掛け合いましたが駄目でした。結局は金がほしいのでしょうけど、失踪者が出るたびに面接の渡航費用、宿泊費用、講習手当等の費用に加え、賠償金を支払っていたら、プラマイゼロどころか完全なるマイナスです。

 

外国人技能実習生を奴隷、物としか扱っていない企業に明日はない

自分も担当者として言うべきことは言ったけど、聞いてくれないし、怒鳴られて結局は萎縮しちゃうんですよね。ヤクザみたいな輩だから本当に怖いっす。日本人だって全員イエスマン。日本人職員の定着率も低く、入社1週間以内にやめるのが普通です。

何年も勤めて来た功労者もちょっとしたことで首を切ったり。
人を大事にしない。下請けを蔑ろにして仕事ができるのか。金を稼げるのか…。
建設業に携わる日本の若者が少ない、育たないから、外国人技能実習生を受け入れて労働不足を解消しようとしているけど、国はその前に建設業の労働環境を整えていく必要があると思う。

日本人の離職率は異常ですよ。

だから外国人を入れて労働力確保。これじゃあメディアが叩くのも当然。2016年11月28日に公布された技能実習法により、『外国人技能実習機構』が設立されるけど、この機構が大なた振るってこういった企業をドシュドシュぶった斬ってほしいよ…。あ、でもそうなるとうちみたいな監理団体も潰されそうですけどね(嗤。