不良企業の飛ばしを入管へ報告!

 

この飛ばし野郎!!!

従業員規模30人ほどの企業。実習生を10名以上受け入れており、失踪もございました。家賃が以上に高く、手取りの給与が少ないことが理由で失踪したケースが2回ありました。この企業は、他市にある系列企業に自社の実習生を働かせていました。

私は過去に口頭で3回、文書で1回改善を依頼しましたが、部長に怒鳴られて終了。上司に報告しましたが、改善させる気なんて毛頭なし。

入管への報告を決意しました。

宣戦布告!鬼と化したブログ管理人ポッポ…!自分の身が滅んでも不正企業を斬る!

組合の印鑑を押すことは出来ませんでしたが…。実情を説明し、且つ組合としてどう対処してきたか、企業への注意文も提出しました。

 

企業へ口頭注意をした時のこと

「もう、飛ばしは辞めてください。グループ会社の方で実習生を働かせるのを辞めてください」

「だったら、B社(グループ会社)の方で受け入れられるようにせえや!」

B社では無理なんです。技能移行職種に該当しない職場なので、技能実習生の受け入れができないのです。

「お前のとこが受け入れるなって言ってるから、うちの実習生を行かせているんだろ?!」

話が通じません。法律なんてまったく気にせずに飛ばしをしまくり。入管に知られたら、受け入れ停止は免れないでしょう。同じ入国管理局に知られるとしても、監理団体による報告と入管が「臨検」という立場でやってきた場合(臨検と言いつつ、どこからかリークを受けて来ています)では、処分の結果が全く違います。

しかし、この企業はルールを知った上で飛ばしています。

口頭で注意しているうちに、従順になり、

「もうやらないから。ぽっぽさんの言うとおりにするよ」と。

後日、実習生に話を伺うと、飛ばしは継続されていました。

 

文書で警告した際、社長は激怒。

こっちは客だぞと。
それでも指導せざる負えないのが我々監理団体なのです。「能書きばかりたれやがって!」と言われましたが、自分たちが不正行為をして、それを取り繕うための理由がクソ能書きです。

2週間ほど経って、入管から文書が来ました。現状を更に詳しく報告せよと。タイムカード、賃金台帳の提出も求められました。企業に指示された書類を揃えるよう指示しました。

上司からも注意を受けましたが、こちらのやっていることは正しい。パワハラ、いじめを受けるかもしれません。それでもゴミは片付けなければならない。

どうせ給与も雀の涙。
失うものは何もない。