ベトナム人技能実習生たちが賃金上げろコール!

ベトナム人通訳が、私にヘルプ信号を送ってきました。彼はまだ組合に入って間もなく、優しい人柄ですので、ついつい技能実習生たちの無理難題、ダメ元のお願い、無礼千万で非常識なお願いを聞いてしまいがちです。そんなことにいちいちかまっていたら、仕事が回らない。週末に技能実習生たちの電話ばかり受ける羽目になり、プライベートの時間がなくなっちゃうよ。と、忠告しましたが、

「も、もうなっていますよ…」

とのこと。

私が担当している企業ではないのですが、上司から私が言って聞かせるようにと命令が下りました。ただでさえルーチンワークの巡回が忙しいことと、新制度になって書式が変わって大量の書類作成をしているさなかに振られました。最近私がしゃかりきになって、悪徳企業更生計画を実行していて、さぞかし目障りなのでしょう。一刻も早く事務所から追い出したい。

事務所から追い出されるように出撃。
この会社は食品関係で賃金は最低賃金+5円ほどです。日本人の時給もそれほど高くありません。彼女たちより50~100円高い程度です。しかし、執拗に賃金を上げろと叫んでいました。新米のベトナム人通訳一人に3ヶ月管理させたらこれです。出張費をケチり、仕事のイロハのわからない新人に任せるとこの有様です。全くもってうちの組合のトップ連中は責任感というか、仕事をしているという実感がないのでしょうか。ベトナム人にベトナム人を管理させたら、ベトナムルールで管理するため、日本人の常識から外れるような行動をとりがちです。

雇用条件は結んだけれども、どうしてこの金額で働くのか、賃金に関する不満は漏らすななどなど…予め釘を刺さ無ければならないのに、全くやっていない。内容の確認もせず、他の日本人の待遇と比べて技能実習生たちの賃金は違うということも一切説明無し。

これじゃあ、配属してから揉めるに決まっています。

私の方から改めて賃上げは容認できない。このような団体交渉は禁じている!ことを伝えましたが、さほど勢いは衰えず…。こうなったら各個撃破ということで、12人の技能実習生達を片っ端から面談していきました。

色々話は出ましたが、どうやら、どこぞで知り合った在日ベトナム人から入れ知恵をされ、「日本人と賃金が同等ではないのは差別である。日本だったら人権団体や裁判所に無料で訴えられるから、賃上げを叫べ」と言われたそうです。裁判は無料じゃできませんよw

てっきり、地元のユニオン系の団体から入れ知恵されたのかと思ったら、ユニオンに加盟して騒ぎを起こしている人はいないようでした。

差別ではないし、日本語ができない、難しい仕事を任せられない。受け入れに関しても様々な費用がかかっているし、家賃の一部、敷金礼金、宿舎の備品など多くの投資をしているため、この賃金で実習している。

人権団体、ユニオンに頼ろうとするのは非常に危険であり、最初は同情して親身になってくれるが、企業に賃上げを交渉させるとなると、当然のことながら多額の費用を取られる。50円の時給をあげるために、何万円、ことによっては10万円以上支払う可能性だって出てくる。安易に騒がず真面目に実習してほしいと伝えました。

ひとまず抑えましたが、この手の炎は鎮火に時間がかかります。1,2人はしつこいやつがいますからねえ。とにかく、ベトナム人通訳には、実習生のわがままを聞きすぎないように伝え、日本人の担当者にはできるだけ通訳だけに行かせないよう伝えました。

ったく…。受け入れの出だしの時点で滑りまくっています。うちみたいなクソ組合はだんだん生き残れなくなっているのが現状です。不良企業ばかりになって、不正行為をもらいまくり撤退に追い込まれるか。それとも、私のように自爆覚悟で悪徳企業に切り込んで希望を見出すか…。難しい仕事です。