相次ぐ失踪!ベトナム人技能実習生の失踪は止められない!

もう、建築業界に外国人技能実習生を送るのはやめましょう!

全国の派遣機関、監理団体の皆さん!

建築業界にも良い企業があるのはわかります。ただ、半分以上は低賃金、人権侵害、賃金未払いなどの問題を抱えています。いや、問題を問題と捕らえていないのが彼らと言って良いでしょう。監理団体に関しても、とにかく受け入れれば監理費がもらえるから、失踪しても、次々と補充すればよいという考えなのでしょう。

建築業界の人手不足は今に始まったことではないものの、外国人頼みではいつか必ず問題が起きます。日本人の繊細な建築技術、細やかな配慮、注意深さ、これらが日本の建築技術、日本の信頼を支えてきたはずです。

外国人は日本人と比べて物事なあなあで終わらせることが多いです。最近、新幹線や電車などの整備不良等による事故が目立ちます。これらの整備を外国人がやっていたというわけではありませんが、今後、外国人が建設に携わるようになってからは出てくると思うんです。

ベトナム人技能実習生の失踪に関して、ベトナム人が悪いと批判するのは簡単です。
賃金が低いから、月収が日本の7分の1から10分の1しかない国の人間を日本に連れてきたら、頭がおかしくなって失踪でもなんでもして金を稼ぐだろう…と、誰でも思い至るでしょう。

日本の治安を脅かしているわけですから、もう国が受入を停止するか、建築技能実習生の受入のハードルをうんと高くするしか方法は無いと思います。私が担当している建築系零細企業の社長は非常にモラルが低いし、遵法精神はゼロ、社長以前に人としてどうかと思えるような輩が少なくありません。

・失踪者が過去3年間の受入数の10%を超えた場合は永久受入停止
・外国人技能実習機構は建築系の企業に関しては6ヶ月に一度監査を行う
・最低でも最低賃金に15%上乗せすること
・介護実習生のように入国時点でN4級に合格していなければなりません

こんな条件で実習生を呼ぼうとする企業はなくなるでしょう。N4合格という条件はものすごい高いハードルです。はっきり言って無理でしょう。

ただ…ここで問題なのは、実際外国人に頼りっきりの建築業界の現実です。
外国人がダメなら日本人を雇うしか無いわけです。でも、仕事はきつい、社長初め従業員のモラルが低く、体質が古い、乱暴な振る舞いもある。給与も決して高いわけではない。

日本人を雇った場合、会社に補助金を与えるなり(もちろん雇われた従業員の賃金にも反映させる)、企業の従業員への接し方を変える意識改革を促すなど、今までの体質では生き残れない厳しい現状を突きつけてやることです。

安いから、物言わぬ外国人を入れて問題解決したと思っている考えがそもそもおかしい。

建築業界は零細、小企業が支えているのは百も承知です。しかし、彼らが技能実習生の受入だけでなく、労働関連法を遵守しないなどの無法を放置して良いのかと思うのです。自分たちを変えていくような頭も考え方も持っていない奴等なのですから、国が主導して法整備をしない限り、DQN建築企業の受け入れは止められませんし、失踪も減らないでしょうね。