またしても!ベトナム人に除染作業!

 

技能実習生に除染作業をやらせていた建築業者が摘発されましたが、またしても除染作業をやらせていたと報道がありました。

外国人技能実習生として来日したベトナム人男性が、東京電力福島第1原発事故に伴う県内の除染作業に従事していた問題で、郡山市の建設会社でもベトナム人実習生の男性3人に除染作業をさせていたことが18日、関係者への取材で分かった。技能実習制度の趣旨にそぐわない除染の事例が他にもある可能性があり、法務省入国管理局が実態調査している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00010003-minyu-l07

外国人技能実習機構に提出する技能実習計画認定書類の一つに「申請者の誓約書」なるものがあります。福島で技能実習生に除染作業をやらせていたことが発覚してから、「除染作業をさせない」という項目が追加されました。

違法行為だとしりつつも平然とそれを破ってのけるのが悪徳企業です。項目を追加しただけで除染作業を防げるとは思いません。やらないよりマシと言ったところでしょう。

いち建築業者ができる芸当ではありません。また、仲介をする監理団体もはっきり言ってまともではありません。どんな悪党組合であっても、除染作業と知りつつ斡旋するとは思えないんですよ。うちの組合だってしませんよこんなこと。

だとすれば…これは黒社会に近い組合が間に入っているとしか思えません。福島第一原発事故が起こって間もない時、現場作業員を高額な報酬で募集していた業者がいくつもありました。当時、下請けの更に下請けということでピンはねされていたのが問題になりましたね。

5、6年前と比べて現場の状況は落ち着きを取り戻しているため、日本人が集まりにくくなったのか、それとも本当に危険な場所は手付かずなため、何も知らない技能実習生にやらせているのか。

これは単なる不正行為で終わらせるべきではなく、大きな闇がありますよ。入管、機構、警察は一丸となって真相究明、悪徳企業、監理団体、闇ブローカーなどの背後関係を洗ってほしいです。