農業職種じゃ中国人技能実習生が集まらないからベトナム人にした

個人経営の農業職種。

建設職種と同様、一番受け入れてほしくない職種です。

低賃金でなおかつ、残業割増賃金も支払わなくても構わない農業職種は失踪者が続出しています。うちの組合の理事が引っ張ってきた個人経営の農家。経営状態も悪く、技能実習生の受け入れ経験が2年ほどしかありません。

2年て…。

案の定、中国人技能実習生が実習2号の時に失踪していました。3人とも女性でした。一度も技能実習生を満期帰国させたことがない。これらの理由をもとに、受け入れに反対しましたが、理事長は「ぜひとも入れてやってくれよ」とのこと。
こいつ…もしかして変なお金受け取ってね~だろうなっ!
どうも胡散臭いんですよね。うちの組合。
遵法精神に欠けているんじゃないかと。

一般職員の中には、受入企業に法律を守るよう働きかけたり、きちんと監査を行う人もいますが、私同様、気が小さくて押しが弱いので、悪徳企業の経営者や自分たちの上司たちの前では強く言えません。
我ながら情けないわ…。

ベトナムに切り替えてからもやることは変わりません。

  1. 働いている時間と比べて賃金が足りていない。
  2. 現物支給(収穫した野菜、他の農家からおすそ分けでもらった肉)でごまかされている気がする。
  3. 仕事がきつい。夜中の1時に起きて仕事を開始。

仕事がきついのは承知できたのでともかく…。
現物支給に関しては放っておけません。巡回の折に実習生からの訴えをもとに話をしましたが、

「ちゃんと払っているよっ!」

と突っぱねられました。
私は震え声になりながらも、タイムカードでなくてもいいから、きちんと書面で出退勤時間を管理してほしいと伝えました。

わかったと言いながらも…なかなか取り組んでくれませんでした。
再訪問した時も、同じことを注意しました。
なんとか作ってはくれたものの、実習生達が自分たちで書き込んだものでなく、農家夫婦が書いたものなので信憑性がありません。実習生たちの目の前できちんと書き込んでくれればいいのに。
手取り額は8万円/月。
「これでは足りない。たくさん稼げると聞いたのに嘘っ!」
だよなあ…。
農家の人とうちの理事長が面接に行った時は、最低これだけ払うみたいな口約束をしたそうなんです。話が違うのだから怒るのは当然。

理事長に話を伝えましたが、一切聞いてもらえません。
JITCOの巡回だって来るんだから、労務管理をきちんとやってくれと伝えましたが、

「んなの来るわけねーだろっ!こんな糞田舎なんだからっ!」

ダメだ…。

 

で、その後彼女たちは3人共失踪。
受け入れて1年経たないうちに消えてしまいました。
失踪がきっかけとなりこの農家との関係が絶たれたかに見えたのですが、つい最近連絡がありまして…またうちと取引したいそうです…(;_;)