派遣機関からのキックバックはご法度!

「どの組合の方だってもらってるんですからあ~!ぐししっ!」

と、現地面接に行った時に派遣機関の職員から言われたことがありませんか?
私は一度だけ言われたことがあります^^;たった一度だけ。というのも、私はほとんど現地面接に行かせてもらっていません。私が担当している企業の実習生選抜試験でも、うちの理事長や事務局長が乗り込んでいきます。企業の社長も遊び目的だし、理事長も事務局長も似たようなものです。

細かい労働条件通知書の説明とかちゃんとしていないんですよね。建築では移動時間は労働時間に含まれないとか、現場のしんどさ、社内の雰囲気、宿舎の状況等何にも伝えていないから実習生が失望して失踪するんだから!

実習生の中には「残業たくさんある聞いてキタ」なんて言う者まで…。

実習生すら集まりにくい企業がよくうたう嘘じゃないか…。

 

疑惑っ!派遣機関からキックバックをもらう理事長・事務局長

社歴の長い先輩からちょっと聞いた話ですが…。
私が入社する前、ある組合職員が受入企業を新規で取ったんです。喜び勇んで派遣機関に連絡、面接の段取りを整えて、いざ面接へ。その職員と受入企業の社長と一緒に選抜し、戻ってきました。

新規開拓して上司からは褒められると思いきや、

解雇っ!

解雇を言い渡されたそうです。理由は勝手にその派遣機関を利用し、断りもなく面接をしたからです。もちろん、お客さんである受入企業さんは優良企業ですよ。

その先輩が言うには、理事長、事務局長は派遣機関からキックバック(謝礼という名の)をもらっていている可能性が超濃厚。理事長は日本で別荘を買っているし、間違いないと…。
腐ってやがるっ!

入管にバレたら不正行為で御用。いや、警察に捕まってブチ込まれるべき!

組合職員のほとんどがもらっている謝礼。
謝礼をもらったら、実習生や派遣機関の職員のミスで企業に迷惑をかけた時、ガスッ!と叱れるのか、指導できるのか。イザという時になあなあの注意しかできないんじゃないかなあ。

という訳で…自分はほとんど面接に参加させてもらえません。